心療内科の名前の由来、知ってます??

このブログの大きなテーマである、「心療内科」の語源について知っている人は、意外に少ないのかもしれません。

今回は「心療内科」の名前の由来と歴史について解説します。

内科検診のイラスト

心療内科・・・それは心(理)療(法)内科!

結論はズバリ、

心療内科・・・それは心(理)療(法)内科!

なのです。

ご存知でしたか?

恥ずかしながら、自分自身も心療内科の語源を知ったのは、心療内科の存在を知って以降です。(それ以前は心療内科=精神科と思っていました)

すなわち、心療内科とは

『心理療法を行う内科』

であるといえます。

心療内科の歴史

実は心療内科の歴史は古く、60年以上の歴史があります。

かの有名な日野原重明先生等によって、米国から「身体精神医学」という概念が日本に紹介されました。

その後、1960年には池見酉次郎らによって、第一回の日本精神身体医学会が開催されました。

1975年に、 日本精神身体医学会 から日本心身医学会に改名され、

1996年に診療標榜科としての「心療内科」が認められたという歴史があります。

心療内科の立ち位置

心療内科は上記の通り、学問的には「心身医学」に立脚した臨床を行います。

したがって、心療内科は内科の一分野なのですが、ほかの心身医学を基礎とする領域には

・歯科心身医学

・耳鼻咽喉科心身医学

・女性心身医学

・小児心身医学

などがあります。

また心身医学の内科の中の領域としても

・消化器心身医学

・呼吸器心身医学

・循環器心身医学

など、それぞれの専門分野があり、様々な心療内科医が活躍しています。

まとめ

心療内科の名前の由来から、その歴史・立ち位置などについて解説しました。

心療内科は「心身症」を専門にみる内科として、
世の中の方に、広く知っていただきたいと思います。

こちらもどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA