質問コーナー:ストレスとのウマイ付き合い方

今回は質問にお答えしたいと思います。

「最近、職場での部署移動があって、ストレスが多い職場になってしましました。身体の不調もストレスから来ているんじゃないかと思って・・。何か良い方法はありませんか?」

皆さんがお困りの「ストレスとの付き合い方」に関して、解説します。

ストレスを抱えている人のイラスト(女性)

ストレスとはどういうもの?

世間一般には

「ストレス=悪」

という考え方が主流かもしれませんが、実は適度なストレスは生きていくうえで必要なものです。

『ストレスフリーな生活』などといった文言も良く見かけますが、別に言い換えると『刺激が全くない生活』ともなりかねず、そうすると、「それはイヤ!」ってなりませんか?

実はストレスは環境や考え方によって、良くも悪くもなるというのが最近のさまざまな研究で明らかになっています。

どういうときにストレスを感じる?

ストレスへの付き合い方として、まずは自分がどのようなときにストレスを感じやすいかを把握しておく事が良いでしょう。

同じ状況下に置かれても、人によってその状況をストレスと感じるかどうかは個人差がかなりあります。

例えば、人前で話をしないといけないような状況のとき、あまり慣れていない人は、非常に緊張し、ストレスと感じるでしょうが、人前で話す事が職業の人は逆に楽しみを感じるかもしれません。

このように同じ状況であってもストレスの感じ方は人それぞれであるので、自分の得意・不得意を理解したうえで、まずどのようなときにストレスを感じやすいかを予め知っておくことで、ストレスに対応しやすくなります。

たくさんのストレス対処法(コーピングスキル)を持っていることの大切さ

その上で、ストレスへの対処法について考えます。ストレス対処法のことを、セ門的には「ストレスコーピング(コーピングスキル)」と言ったりもします。

このストレス対処法も人それぞれで、例えば

・お風呂に入る

・運動する

・おいしいものを食べる

・カラオケをする

・とにかく寝る!

・おまじないを唱える

など様々なものが考えられます。

従って、自分にあったコーピングスキルをいくつか持ち合わせておき(出来れば書き出しておいたほうが望ましいです)、そのいずれかをストレスがかかっていると感じる状況で行うというのが理想です。

もちろん状況によっては、その場で出来ないものもあるでしょうが、ストレス対処法のリストを持っておく(挙げておく)だけでも、精神的安心につながります。

まとめ

ストレスとのウマイ付き合い方についてまとめてみました。

ストレスマネジメントはさまざまな方法がありますが、今回はさわりだけお伝えしました。

何かのときにご参考になれば幸いです。

こちらもどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA