質問コーナー:クスリはリスク?

今回は心療内科で使われる薬について、こんな質問に答えていきます。

質問
『心療内科で使われる薬ってなんとなく、怖いイメージがあるんですが・・・。どうなんでしょうか?』

心療内科で使われる薬の種類

心療内科の治療の3本柱は

①薬物療法

②心理療法

③環境調整

です。このうち①の薬物療法でも、さまざまなお薬があります。

お薬手帳のイラスト

お薬を大きく分けると

A:身体に直接作用する薬

B:精神に作用する薬

C:漢方薬

などがありますです。

各々の副作用についての詳細は別に解説するとして、ざっくりこれらの薬の注意点について解説していきましょう。

身体に作用する薬の注意点

身体に作用する薬とは、例えば胃潰瘍(心身症)に対する胃薬、過敏性腸症候群(心身症)に対する痛み止め・下痢止め、気管支喘息(心身症)に対する吸入薬などです。

これらのお薬は別に心療内科に限らず、普通のかかりつけの内科で処方されることが多いでしょう。これらは基本的に用量用法をきちんと守っていれば、それほど副作用が強いお薬はありません。

しかし、それぞれの薬はいくつも種類があるため、人によっては合わないこともあります。その場合には主治医の先生にその旨を伝えで、次回の外来時に調整・変更してもらいましょう。

精神に作用する薬の注意点

いわゆる向精神薬という部類の薬です。これらの薬はいくらか注意が必要です。一般に「精神に作用する薬は怖い」と思われる理由かもしれません。しかしこれらの注意点をあらかじめ知っておくことで怖さは軽減できると思っています。
(実際私の外来でもあらかじめこれらのことは処方する際に患者さんに必ずお伝えしています)

①効いて来るまでに時間がかかる薬がある!

②副作用が(特に飲み始め)に出やすい薬がある

③勝手に止めると離脱症状が出る

④種類によっては止められない(止めにくい)薬がある。

各々の詳細はまた別に説明しますが、向精神薬は適切に使うことで、得られるメリットも多くあります。

ですので、信頼できる主治医の先生とよく相談してお薬を使うことが理想です。

漢方薬の注意点

向精神薬と違って、「漢方薬なら副作用がないから安心よね~。」といった声は良く耳にします。しかし実際には、漢方薬は生薬(草木、動物の成分など)の組み合わせで出来ており、思いもよらぬ副作用が出たりすることもあります。

最も注意すべきなのは、血圧の上昇で、これは漢方薬の構成成分のなかに甘草(カンゾウ)というものが入っていると起こる可能性があります。

漢方薬で精神を整えようと思っていたら、血圧が上がって逆に不安となったら本末転倒ですので、ご注意ください。

まとめ

また、全ての薬剤に共通する点としては、

自己判断で薬を調整しない!

ことです。これは非常に重要なので、もう一度繰り返します。

自己判断で薬を調整しない!

薬はお医者さんは基本的に処方された通りに飲んでいることを前提で考えています。自分の判断で増やしたり、減らしたり、あるいは中止すると非常に危険な薬もあるので、必ず調整するときには主治医に確認をしましょう。

こちらもどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA